×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

韓国がK-POPアイドルを海外に売り出すことに力を入れる理由

韓国がK-POPアイドルを海外に売り出すことに力を入れる理由

かつてはJ-POPがアジア各国のチャートを席巻していましたが、2008年頃から上位はK-POPが占めるようになりました。

ここ数年、韓国がK-POPアイドルを海外に売り出すことに力を入れる理由の1つに、韓国のCD市場が崩壊寸前ということがあります。

というのも、韓国ではインターネットが普及して以来、人々はCDを買わなくなってしまったのです。

その結果、韓国のCD市場の規模は金額ベースで日本の30分の1ほどと言われています。

つまり、K-POPアイドルからしてみれば、韓国だけで人気が出ても、CDの売上収入が入ってこないので、ビジネスとして成り立たない状況になっているということです。

なので、必然的に海外に進出しなければいけないという状況になっているのです。

そのため、芸能事務所はデビューが間近になったK-POPアイドルたちに対し、進出する国に合わせて中国語や日本語などの語学研修を本格化させます。現地化教育です。

そして、語学力や国籍などから進出する国が決められるのです。

つまり、K-POPアイドルを目指すということは、自国だけでなく、世界で活躍するアイドルを目指すということなのです。

企業の輸出拡大、国家ブランドの向上を担うK-POPアイドルに続く