×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

K-POPアイドルの曲が言葉の違う異国でも受ける理由は「フックソング」にある

K-POPアイドルの曲が言葉の違う異国でも受ける理由は「フックソング」にある

K-POPアイドルの曲が日本をはじめ、アジア全域で人気がある理由の1つに「フックソング」があります。

フックソングとは「何度も同じフレーズを繰り返す曲調」のことです。

たとえば、少女時代「Gee」では、「Gee Gee Gee Gee, baby baby baby ....」というフレーズが出てきます。

この部分がフックソングです。

フックソングは自然と口ずさみ、踊りたくな特徴があります。

少女時代「Gee」

曲の中にフックソングを入れることによって、言語が異なっても一緒に楽しむことができる効果ややみつきになる効果を狙っています。

フックソングと真似して踊りたくなるようなダンスの振りで、言葉の壁を越えた活動を可能にしているのです。

厳しい競争と育成教育に続く